スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< too much かわいらしい | main | 衝動買い、まとめ買い >>

THIS IS IT

行ってきました!
マイケル・ジャクソンの『THIS IS IT』。

休みに急に思い立って行ったんですが
チケットがとれなくて、21時〜の回に。
それでもほぼ満席。

ステージはどれだけお金掛かってるの?って感じで
セットとかもすごすぎ。
曲も、あぁ聞いたことあるよ!っていうのが多くて、
その演出やダンス1つずつのこだわりがまたすごい。

マイケル・ジャクソンで最初に思い出すのは『black or white』。
私が音楽を聴いたりしていたときに
リアルタイムで出た曲だからだと思う。

けれど、気づいた時には既に大スターというか
そういう範囲を超えていたマイケルは
HOOOO!と奇声を上げるのを小学校のときに男子がまねしてた、とか
そのあとの奇行に関する報道、とか
なんだかバイアスが掛かった視点でしか見ていなくて
意外と音楽をちゃんと聴いていなかった気がする。

でも今聞くとやっぱりどれもいい曲なんだよねぇ
なんて、今更言ってみたり。

とはいえ、ぶっちゃけてしまえば
長い長いメイキングビデオ。
ステージに興味がなければ
ワイドショーでたくさん流れてるダイジェストだけで
大体満喫できてるかと…。

個人的に印象だったのはJACKSON5時代の曲も歌っていたことかな。

こちらの映画レビューでは

やはり肝心のパフォーマンスは「練習」である以上、迫力不足は否めない。どんな歌手だって、合わせの段階で本気を出すものなどいない。


そりゃそうだ。
リハでしかない、っていうのは分かるんだけど。
合わせで本気なんて出さないっていうかさ。
まぁ、一流の人たちを私は知らないけれども、
舞台が完成して客が入って幕が上がって初めて
本番のテンションになるわけだ。

自分自身の経験と照らし合わせるのはおこがましいのだけれど、
逆に私たちの虫けらレベルですらそうなのだから、
あれだけの規模なら本番の盛り上がりはどうなのよ、ってハナシだとも思ったりして。

ついでに、リハだから衣装も揃ってないし。
ダンスなんかは、衣装をそろえただけで、1.5倍くらいはすごく見える。

この状態でこれだけなら
本番は一体どうなっていたのか。

本番をすごく見たかった、と思うけれども
彼の死というニュースがなければ
このライブにこんなに注目していなかっただろうと思う。

なんていう皮肉。

| movie | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 22:29 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
url: http://at-sunny-day.jugem.jp/trackback/88

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM