スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< カタブツ(沢村凛) | main | 私の男(桜庭一樹) >>

CORTEO

シルク・ドゥ・ソレイユが初めて来日した頃、
友達のかわいらしい系の女の子が
「すごいの、衣装とかもふわふわでキラキラで」と
言ってたのを聞いて
興味を失い、
以来、すごいらしいと聞きながらも
ここまでバカにしたまま来てしまったのですが、
これはどうもやっぱり
観ておいた方がいいに違いない、と思って
観にいってきました。

すごかった!
あのアクロバット!
よくここまでやるよなぁ。

テレビでもかなりの部分が流れてる気はするのですが
ホンモノを観にいく価値は十分あるかと。

世界観や雰囲気が
なんとなくバレエ的なものと似ている気がして
どうしても比べてしまったところもあって。

バレエのすごいヤツは
この人たち重力が効いてないんじゃ?という
印象を受けるのだけれど、
コルテオは
重力は確実に効いていて
いかに筋力でそれに逆らうか、という
モノだったと思います。

バレエは、
この人たちは自分たちみたいな人間の延長線上にはいない、と
常々思っているのだけれど
コルテオは
人間は鍛えるとここまでいけるんだなぁ、と
そんな雰囲気でした。

って、分かりにくいね。笑。

コルテオはストーリー性がある、と
よく言われていたのだけれど
あまりそれを感じることができなくて
個人的に
マシュー・ボーンのバレエがごひいきなので
それとうっかり比べてしまった日には
ここまでこうしておいて欲しいとか、
端で待機している人たちも
なんとなくリズムを取っているだけじゃなくて
何かきっちりしていて欲しいとか、
欲張りになります。

が。
もちろんこれはバレエの舞台じゃないんだから
それと比べるのはナンセンス。

アクロバットを観れば
十分すぎるほどすごすぎなのであって、
それにコレだけの世界観を持たせているのは
やっぱりすごいわけだ。

今回は
かなり後ろの方の席だったんだけど
会場自体それほど広いワケではないので
十分舞台が観えました。
オーチャードホールのC席とはワケが違う。
舞台全体を観たいなら、後ろの席のがオススメかと。

あと、
コルテオの会場には
外部から飲食物の持込は禁止ですが、
会場内でジュースやチュリトスなんかを販売していて
それは席まで持ち込みOKでした。

12時半開演で、15時までですが
途中に30分休憩が入ります。
女子トイレが恐ろしく混んでおり、
並ぶだけで15分くらい。

仮設トイレみたいなものだからこれでもすごいんだろうけど
もうちょっとなんとかならないのかね。

今年、NYCBが来日するようですが、
結婚式か、そのあたりと予定がかぶっていて
観に行けなそうなのが残念。
2月に来日してたハンブルグバレエもいけなかったしなー。

久しぶりにいい舞台を観に行きたい気分になりました。
次はZEDだったりするのかしら。

| stage | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 23:16 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
url: http://at-sunny-day.jugem.jp/trackback/47

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM