スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< ジェネラル・ルージュの凱旋(海堂尊) | main | 生まれた日 >>

バスジャック(三崎亜記)


“シュール”という言葉を
思えば多用していた時期があって、
意味もよく考えずに
その雰囲気に逃げていたな、と反省して
最近は使わないようにしている。

反省する前ならもしかしたら
この作品を安易に“シュール”と片付けていたかもしれないけれど
でもやっぱり
シュールとは違うよな、と思う。

地に足の着いた現実離れ、じゃないけれども
不思議な世界を描きながらも
それは確実に私が生活しているこの現実と
同じ世界であって、
もしかしたら明日“そっち”に足を踏み入れてしまうかもしれないという危うさと
同じ土台に乗っているという安心感が
入り混じっていく感覚。

冷酷な話とほのぼのする話が入っている短編集。
不思議な取り合わせでもあるのだけれど
でもどこかまとまりがあるのがまた謎。

最初のハナシで、かなりひんやりとした、というか
他の人のレビューの言葉を借りれば
“不条理”を感じて、そういう作品なのかも、と
思ったのだけれども、
最後の作品を読み終わったときには
どこか、あたたかい気持ちになれてた。

多分、この作者なりの
この世界への
(ある意味屈折した)愛ってのが
溢れてるんだろう。

このろくでもない、すばらしき世界、って言ったのは
コーヒーのCMだったけど。

| book | 23:24 | comments(2) | trackbacks(1) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 23:24 | - | - | pookmark |
Comment
こんばんは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。
2009/11/18 6:27 PM, from 藍色
>藍色さん
トラックバックありがとうございます。
また何かあったら是非遊びにきてくださいね。
2009/11/18 11:57 PM, from kyoko









Trackback
url: http://at-sunny-day.jugem.jp/trackback/43
バスジャック 三崎亜記
奇想炸裂の快作から、胸を打つラブストーリーまで。 日常を揺るがす驚きと感動の全7編。掌編・短編・中編を収録。 軽妙なブラックユーモ...
2009/11/18 6:13 PM, from 粋な提案

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM