スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< 子連れスキー旅行@軽井沢<前編> | main | 「育休世代」のジレンマ(中野 円佳) >>

子連れスキー旅行@軽井沢<後編>

さて、軽井沢旅行 後編です。

◆プリンスホテルはどうだった?
今回泊まったのは軽井沢プリンス ウエストのコテージ。
軽井沢プリンスにはイーストとウエストがあり、
それぞれいわゆる普通のホテルのような部屋とコテージが選べます。
ちなみにゲレンデに近いのはイースト。
我が家は、うちの母と同じコテージに泊まるため、
「1軒のコテージに2部屋あること」が絶対条件であり、
ウエストならば確約できるとのことだったのでウエストに決めました。
イーストでも2部屋あるコテージがいいという希望は出せるようなので、
状況次第でしょう。

コテージタイプなので、1部屋が1軒ずつの建物…ではあるのですが、
思い描いていた「コテージ」よりも、控えめに言ってちょっと狭かった。
控えずに言えば、狭いしやや年季入ってるし、ざんねーん!
ですが、まぁこんなもんでしょう。汚いワケではないですし、十分です。
何より、子どもがどれだけ騒ごうが泣こうが走り回ろうが
気にしなくていいっていうのはプライスレスですよ…。

ただし、ホテルからも何からもそれなりに離れているわけで、
しかも周りは雪が積もっているわけで、
どこかに出るたびにフロントに電話をして送迎を頼むことになります。
もしくは巡回バス。
待たされても10分程度と、そこそこすぐ来てはくれますが、面倒っちゃ面倒です。
大人と違ってあと10分だから静かに待てばいい、ということが難しい
4歳児を抱えているとなおさら…(涙)

あ、そんなわけですから、
部屋風呂に期待してはいけません。
お風呂と洗い場はありますが、ユニットバスをベースにした感じですし、
子どもを入れるのもちょっと厄介かも。
部屋風呂とは別に温泉施設があり、
オムツが取れていれば子どももOKなので、そっちのがいいかもしれません。
ただし!ウエスト宿泊の場合は別料金で1200円!1200円!!!
気持ち良かったけどねー…。2回言いたくなるくらいのお値段ではあります。

そうそう、この軽井沢プリンスリゾートの中には
プリンスホテルグループが誇る最高級ホテル『ザ・プリンス』も展開されておりまして、
ハイグレードなコテージもご用意がございます。
お部屋に暖炉があったり、部屋も広かったり、
おそらく思い描いちゃうような「コテージ」を体験できると思われますので、
お財布に余裕のある方はそちらも是非。

◆食事のオハナシ
さて、ご飯です。
朝食しか予約しなかった我々は、夕食をどうにかしなければなりません。
(朝食のバイキングは美味しかったですよ。それ以上でも以下でもないので省略)

実はココ、部屋までピザーラが配達してくれるのです。
スキーから帰って疲労困憊。
もう部屋から出られませんってところにピザが取れる。
子どもが周りに迷惑をかけることを気にせずに食事ができる。
テーブルが多少狭くたってなんだっていうんだ!
ホント助かる。ピザーラありがとう!!

そんな素敵なピザーラですが、
どんな大人の事情が絡み合ったのか、飲み物の扱いがありません。
ビールもジュースも買えません。
事前にゲットしておきましょう。

◆アウトレットにも行ってみた!
はーるばるきたぜかーるいざわー♪っと、そんなに遠くはないんですけど、
せっかく来たんだしぃ、というわけで頑張りました、アウトレット。


結論。
広い。広すぎる。


2日目の夕方に行きましたが、半分は休館。
イッタラのお皿を買いたくて行ったのに、お休みだし!意味ない!
そして半分休みでも広い。
しかも、日中はゲレンデとは思えないほどあったかかったのに、
夕方になるとかなり冷えます。凍えます。
防寒対策は万全にすべし、と凍えて具合が悪くなった私が忠告しておきます。

ついでに夕飯も食べようということでアウトレットに行ったのですが、
食事処はそれほど充実していないと思います。
しかも帰りはホテル内の個別の送迎は対応しておらず、
つまり呼んでも迎えには来てくれないので、巡回バスを待つしかありません。
まぁ、無理せずに…というところでしょう。


全体の感想としては、軽井沢、子連れスキーに向いてると思います。
とはいえ、星野リゾートの八ヶ岳リゾナーレとかと比べると
そこまで子連れに振り切ってはいないので、
子連れ視点だけで考えると、もう一息!と思わないでもない。
でもそれはいささかワガママでもあるわけで、
十分対応していただけているんじゃないでしょうか。

一つ、難点として挙げるならば、
チビスケと私たちがゲレンデにいる間、
ゲレンデ周りにチビコの居場所がありませんでした。
託児所はあるのですが、飽くまでお金を払って子どもを預ける場所。
(1時間3000〜4000円くらい)
保護者がみながら、子どもを遊ばせられるスペースがどこにもない。
スノーパークはあるのですが、入場料1300円にソリ500円。
はて、8ヶ月のチビコにどれだけ楽しめるのか…。
部屋にいればいいんでしょうけど、
なにせゲレンデから遠く、チビスケが滑っている様子も見えないし、
チビコが泣いたり、授乳があったり、と考えるとそれも大変で。
イーストのホテルのロビーに授乳室はありますが、
ずっと遊んでいられる場所ではなく。
プレイルームみたいなところがあるといいなぁ。
どうですかね。プリンスホテルさん。

もう少し大きくなってからねー、ということなのかもしれません。
せめてスノーパークが楽しめるくらいには。

そんなこんなではありますが、
全体的には満喫して帰ってまいりました。
チビスケはまだ体重が軽いのと、足の力が弱いので
自力で滑るところまでは行けず、私が抱えて滑ってきてましたが、
(おかげでものすごい筋肉痛になった)
リフトにも乗れたし、スキーのスピード感を楽しんでいたようなので
スキーデビューにしては上出来でしょう。

何よりも、
スキーなんて大人になってからそんなに行ってないし、
しかもものすごく久しぶりなのに、
ちゃんと滑れるのも、子どもの頃連れて行ってくれていた両親のおかげというもの。

年に何度もは無理かもしれないけれども、
来年も行きたいぞ。行くぞ。行くんだぞ。

大事なことだから3回書いて、感想を終わりにしたいと思います。
| days | 22:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 22:46 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
url: http://at-sunny-day.jugem.jp/trackback/160

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM