スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< 1984 フクシマに生まれて(大野更紗・開沼博) | main | 子連れスキー旅行@軽井沢<前編> >>

遅ればせながら

明けましておめでとうございます。

だいぶ、だいぶだいぶ放置しておりました。
放置している間に、無事二人目を出産しまして、
元気に産まれた娘ももう8ヶ月。
どんだけブログ放置してたんだって話です。

正直、ブログどころではなかった、というのは真実ではありますが、
「子どもが二人に増えても、大変さは二倍にはならない」
という先輩ママ友の言葉は正しかったなー、と
一応感じられるレベル、ではあります。

どちらかというと娘の育児に関しては
やっぱり私自身が一度経験した、ということが大きくて、
しかもこれまた親孝行なことに手のかからない子でして、
大変さを考えるとさほどではありません。

…一人目の時って子ども一人しかいないのに
なんであんなに大変だったんだろうなー
とぼんやり遠い目をして思っては、
そりゃ初めてだったからだよ、と一人ツッコミをする日々でございます。

離乳食にしたって何にしたって、
「子どもが成長するとどうにかなる」ということを
実体験を持って知っている、というのは本当に大きい。
いくら先輩ママやら保健師さんやらから言われても
どうにも不安で仕方がなかったことも、
自分の体験として、どうにかなったと分かっていると
ある程度はどどーんと構えていられるものだったり。

どちらかというと、
やっぱりこちらは初体験であるところの
4歳になる息子の赤ちゃん返りの方に手を焼いておりまして、
ママラブ、ママ大好き、とにかく俺だけを見てくれ!抱っこ!
と、娘(7キロ)を抱えているところに
息子(15キロ)にのしかかられるとさすがに厳しい。

甘えたい気持ちも分かるのだけれど、
言えば分かる歳になってきていることもあって、
「分かっているはずなのに、わざと困らせることをしている」
というのは、どうにもいらっと来てしまうところがあります。
つい怒ってしまって自己嫌悪というのを
この8ヶ月、一体何度繰り返してきたことか。

親子で乗り越えなきゃいけないところなんだろうけれど、
乗り越えられるかどうか不安でたまりません。

あぁ、こうやって一人目と二人目は違った育てられ方をしていくのだろう、
なんて言ってる場合じゃないんですけどね。

放置気味のブログではありますが、
今後ともよろしくお願い致します。
| days | 22:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 22:24 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
url: http://at-sunny-day.jugem.jp/trackback/158

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM