スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
<< 不平等的な理不尽さ | main | 終わりがいいから、すべていいのだ、きっと。 >>

子どもは熱を出すものです。

女性が、育児休業を終えて復職する時、
「子どもが保育園に通っているかどうか」
を把握していない職場はないだろう。

では、男性はというと
「子どもが産まれました」
と言った後、果たして奥さんは専業主婦なのか、
それとも共働きで、保育園に預けて復職するのか
ちゃんと把握する仕組みがある職場って、
あるんだろうか?

「この4月から子どもが保育園に通い、妻が働き始めます」
っていう報告は、男性は必要ないんだろうか?

子どもを保育園にあずけて働くということは、
毎日、決まった時間にお迎えに行かなければならないという制限や
(遅くまで延長してくれる保育園はあるけれども)
ある日突然「子どもが熱を出しました」って仕事を休むリスクを
常に抱えているわけで、
その制限やリスクって、
ママたちだけが抱えるものなんだっけ?と思うわけです。


パパの職場は、そんなの知らないもーん、でいいわけ?


まぁ、仕事には色々ありますから、
せめて、その制限やリスクを“ママと、ママの職場に引き受けてもらってるんだ”ということに
少しは自覚的であって欲しいなんて思うわけです。

ちなみに去年、育休中にダンナが
「チームにママさんたちがいるけれど、急に休んだりするからあてにならない」
みたいなことを言ったのを、
いつまでも引きずっているのは私です。
(ダンナいわく、そうは言ってないらしいけれど、私はそう受け取ったのだ)

仕事が忙しいし、急に休まれるのが困るのも分かるけれども、
もちろんママさん達の仕事ぶりとかだってあるのだろうけれども、
それでも、チームの人たちにそんなこと言われてたら、
ママさんたちは居場所がなくなってしまう。

大体、急に休んだりするという状況は来年の私だよ?分かってんの?と。
そして今年は現にその状況になってるよと。
あなたが急に休んだりしなくていいのは、私が休んでるからだよと。

確かに私の仕事は色々と融通が効くのだけれど、
それを実現してるのは、自分で言っちゃうけど私の努力と
うちの会社の人たちの心遣いやサポートがあってのことだ。

こんな風に書くと、さっぱりダンナが手伝ってくれないみたいだけれど、
仕事に余裕があるときは、ちゃんと交代で休んでくれたりしてます。
頑張ってくれてる方だとは、思います。

でも、残業残業終電タクシーみたいな最近は、
もちろん休めるわけなんてなく。


仕事が大変なのは、とーーーっても分かるのだけれども。


チビが熱出したときに、
申し訳なさそうでありながらも、
あっさり「俺は休めない」と断言されると
なんとも言えない気持ちになる。

我が家は結局ダンナの収入に頼るしかなく、
私が存分に残業したところでそこまで稼げるわけではなく、
そうするとその結論は仕方がないところなのだけれども。

でもなんとなく、どこかで、
自分の仕事とダンナの仕事の“大事さ”を比較して、
自分がないがしろにされているような気分になって、
なんだかどよーんとしてくるのだよ。

取り留めもなく、長文になって、まとまりもついていないのだけれど、
なんとなくきっとこういうところに日本社会の限界があるような気がしている。

まずは、ダンナの職場に
残業するなー!って
殴りこみにでも行こうか(笑)
| days | 00:27 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |

スポンサーサイト

| - | 00:27 | - | - | pookmark |
Comment
前回に引き続き「わかる〜!」くらいしか言えないんだけど、コメントしちゃおう。

夫個人とか、夫の勤め先だけを責めたいワケじゃないんだよね。社会の歴史とか仕組みまでを含め、いろんなスケールのジレンマが、なんだか知らないけどココに寄せ集められている気がするんですが・・・というこの気持ちは、一体どこに持っていったらよいのかしら、と。

「俺は休めない」発言もそうだけど、暗黙のうちに母親が「最終責任者」だってことになっているんだよね。ちなみに私は自分がフルタイムで働いていないこともあると思うけど、あえて積極的に「育児の最終責任者は私」だと意識することにしてから、その手のことはほとんど気にならなくなってきたよ。(お互いフルタイムだとそうも割り切れないかもしれないけど。)

ともあれ、一度ゆっくり語り合いたいねえ・・・(この前いけなくて残念!)
2012/09/08 11:03 AM, from Kyuco
Kyucoさん

コメントありがとうございます。レスが遅くなってすみません。
そうなんですよね。ダンナというより社会的な問題だと思っています。
最終責任者と腹を決めたとしても、週5日のうち3日子供の体調不良で休んだら、どうリカバリーするのかはやっぱり問題で。自分が頑張るだけじゃなくてダンナを巻き込んでいくことで、少しは社会も変えていけるんじゃないかと夢見ているのです。少なくとも、例えば旦那がもう少し管理側で仕事をするようになったときに、部下たちのそういうことを気遣えるような下地になれば、なんて。巻き込まれているダンナは災難なのかも(笑)
2012/09/13 12:28 AM, from kyoko









Trackback
url: http://at-sunny-day.jugem.jp/trackback/144

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM