スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |

ドリアン・グレイ @オーチャードホール(7/15)

久しぶりのマシュー・ボーンの新作ということで、
気合入れて、S席をとってみました。

オスカー・ワイルドの『ドリアン・グレイの肖像』を原作に
現代を舞台にした作品。

カメラマンのバジルにその美貌を見出され、
一躍人気モデルになったドリアン・グレイが
何人もと肉体関係を結び、浮かれているところから、
転落していく様子を描いたもの。

なんと、最終日にいったらパンフレットが完売という人気ぶり。
なんですかね、これは。
最近、パンフレットを買っても見返すことはほとんどないということで、
買わないようにしている私には関係ないことですが。
関係、ない、もん。むぅ。(未練あり)

さておき。

R15指定ではありますが、
エロ的なものは、ドキっとさせるほどの絡みでありながら、
どこか健全なのはなぜでしょう?
まぁダンサーのミナサマが下着姿で舞台を走り回っているのは
その筋肉の素敵さにクラクラしてたので、いいのですが。

なんというか、新作にして傑作かというと
それはまた少し違う気もするのだけれど、
集大成、という印象は受けました。

相変わらず、シュールにして救いのない物語よね、というのではあるものの、
基本的にはSWANと同じ構成では…なんて。
ベッドに始まりベッドに終わるのもそうだし、
レディHって、SWANの女王と同じポジションだし、
ドッペルゲンガーも、黒鳥だよね、なんて。

舞台中央のセットがグルグルと回転するようになっていたのだけれど、
シーンを入れ替えながら、ダンサーもその周りを移動したりして、
構成は結構面白かった。

あっちとこっちを行ったり来たりしているうちに
どれが本当なのか、どの自分が本当なのか、わからなくなる感覚を表しているの、かも、
というのは、今あとからくっつけた理屈ですが。

冒頭からこれでもか!というほどの迫力で
圧倒されまくりではあるのだけれど、
全体的に今まで以上に振りが“バレエっぽく”ない、ものだった。

生意気を承知で言うならば、
バレエダンサーとして完成された方々が
身体を持て余しているような印象も、受けている。
力を抜き切れていない、というか。

かといって、この舞台全体の振りを
バレエダンサー以外の誰かができるかというと
それはそれでほかにそうそういるもんじゃないとは思うのだけれど、
あのシーンの、あの振りは、もっと別なダンサーのが向いているのでは、と
思うところもあるにはあった。

そもそもバレエだけだってすっごくすっごく大変なのに、
彼らはいったいどこまで求められるんだろう、なんて。

惜しまれるのは、
原作でもあるオスカー・ワイルドの『ドリアン・グレイの肖像』を
私が未読だったことであって。

しまったと思いつつ、現在入手すべく動いております(汗)

ともあれ、
息をするのを忘れていたかも、と
観終わった瞬間に大きく息を吐いて初めて気づく、
そんな舞台だったことは確かであって、
暑すぎる夏の一日に、
幻想世界を目いっぱい吸い込んだので、
これを養分にこの夏を乗り切りたいものだと思うのです。

| stage | 14:39 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

Kバレエカンパニー『シンデレラ』at Bunkamura オーチャードホール

Bunkamuraの難点は、
せっかくバレエ世界に浸って気分がいいのに、帰り道に渋谷を歩かなきゃいけないところ。
渋谷が悪いわけではないけれど、その落差に少し戸惑うのです。

Kバレエカンパニーはずっと気になっていたものの、
機会を逃していて、今回が初でした。

シンデレラが継母とその連れ子にいじめられているところから、
魔法にかけられて舞踏会へと向かうところまでを描いた第一幕。
舞踏会を描いた第二幕。
そして王子のシンデレラ探しの第三幕。

やっぱりメインは第二幕ですよね。

舞踏会は華やかで、見ごたえがありました。
特に、0時の鐘が鳴って
シンデレラの魔法が解ける瞬間の演出はすごかった。

時間が、時間が来てしまった。
あぁ、間に合わない、どうしよう、でも、時間が、時間が、時間が!
みたいな焦燥感と、幸せがガラガラと足元から崩れていく感覚がすごくて、
こっちまで心臓がドキドキするような
そんな瞬間でした。

今回の公演では熊川哲也さんはダンサーではなく
振付師や、総監督として関わっていたわけですが。

実はそこで、舞台に行く前にどうしても気になっていたのは
「優秀なダンサーは、優秀な振付師なのか?」ということでした。

しかも、正直、第一幕では
ダンサーとして優秀でも、振付師としてはそうでもないのかも、と
失礼なことを思ってしまった次第。

もちろん、すごいですよ。全然。

ただ、個人的な好みと違ったというところもありつつ、
いささか、一つずつのシーンが間延びして感じられてしまったのも事実で。
あとは結構隅々まで振りをつけたりこだわったりしている割に
それが活きてない
(端っこにわざわざシンデレラが出てきてるのに、気付けないとか)
気がしてしまったり…。

ちょっと惜しいな、なーんて生意気をば。

で、第二幕です。
ファンタジーできらびやかな世界がこれでもかと繰り出されるのは
やはり圧巻でした。

こういうのが得意なのね、と。

全体的に、第二幕がとにかくとにかくメインで、
一幕と三幕はおまけに過ぎないという印象で終わってしまったのは、
いささか残念なところ。

事前に思っていた疑問の答えとしては、
天才ダンサーは、振付師としても十分すぎるほど優秀だったと思う。

でも、やっぱり生意気を言えば
後世にどう名を残すかというと、天才ダンサーとしてなんじゃないかと。

熊川哲也さんが出演すると、
C席13000円みたいな、とんでもない値段がついていて
どうしても手が出せなかったのだけれど、
そんなところでケチってないで
やっぱり「天才ダンサー」が踊るところを一度観ておけばよかったんだと
後悔の念を込めつつ、
それでもきらびやかな世界の余韻を思い出して、今日を終える。
| stage | 22:57 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

エトワール・ガラ 2010

夏休みです。

だからといって今年はどこへ行くワケでもないのですが、
なんとなく友達と会ったり、実家に顔を出したり
歯科検診に行ったりしているうちに
終わりそうな予感。

まぁでもこの暑い中
会社に行かなくていいというだけで元気になるというモノ。

この間、『エトワール・ガラ 2010』を観に行ってきたので
ちょっと間が空いてしまいましたが、
この隙に感想でも書いておこうかと。

2010年8月1日(日)
13時半開場、14時開演
@Bunkamura オーチャードホール

プログラムAの方を観ました。

1幕は、色々なバレエから1シーンずつ演じて、
2幕は、今回の公演のために作られた三銃士。

A席だったんだけど、2階席の一番後ろで、
見やすいかっていうと微妙。
うーん。やっぱりこれはS席を取るべきだなー。
っていうか、オーチャードホール広すぎ。

1幕のそれぞれの演目もすごいことはすごいのだけれど、
年々マニア向けになっているような…。
一緒に連れてった相方はもう何がなんだか、みたいな状態になってました。

いや多分、エトワール・ガラも年々日本のバレエファンを意識して
そういうマニアにも楽しんでもらえるように、という
舞台づくりをしてるんだろうと思うんだけれど
(パンフレットを読んだりする限り、そういう感じがする)
「ダンサーが自分たちのやりたい演目をやった」という
第1回の公演が、一番楽しかったなー、とか思っちゃうのはなんでだろう。

2幕の三銃士は、分かりやすくて楽しかったけれど、
どんなストーリーだったかサッパリ思い出せなくて
物語に追いつけなかったのが残念といえば残念。
なんとか1幕分に収めるために、
妙にストーリー展開が早い気もしたし。
それは自分が分かってないだけかもしれないけど。

あとは、やっぱり
ひとりずつはとっても凄いのだけれど、
特に群舞があるわけでもないし、
あー、みんなで練習する時間ってなかなか取れなかったんだろうなーと
つい思ってしまうような印象もあり、
あとは、脇役?っぽい兵隊さんたちの動きがあまりにも・・・で
一体なんだったんだろう・・・とか。

背景をプロジェクターで映すという新しい試み、というのも
(要はセットを組む余裕がない、ってことですかね?)
最初は面白いかも、と思ったものの
だんだんそのしょぼさが目についてしまい。

なーんて
色々文句らしきものを書いちゃいましたが、
スバラシイ目の保養だったのは間違いなく。

バレエって結構女性がメインっぽい舞台が多いと思うんだけど、
これって男の人もかなり見せ場が多くて、
ジャンプとかはやっぱり男性のがすごいから
そのあたりはとてつもなく圧倒される。

なんでターンジャンプをあんなに素早く、細かく、キレイに、連続してできるのか。
いやもうそれ、人間ワザじゃないでしょ。


それにしても
世界的なバレエ団でエトワールをやるには
顔もキレイじゃなきゃダメってことなのね、と
改めて思った次第でありました。

| stage | 11:32 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

パリ・オペラ座バレエ団 「ジゼル」

3月20日(土) 18:30開演 @東京文化会館大ホール

待望のパリ・オペラ座バレエ団来日公演!

ジゼルを観るのも初だったのだけれど、
個人的にはあまりこれは好みではなかったかも…。汗。

かんたーんに言うと
身分を偽って村の娘をたぶらかした貴族の男が
死んだ娘に、取り殺されかかるハナシ、ですよね。
(正しいあらすじはコチラ

なんかこう、バレエ作品っていつも
男も女も行動が納得いかないというかー。
時代を超えたファンタジーだと思えばいいんだろうけれども
なかなかストーリーにのめり込むのが難しいのです。

ジゼルは、かわいそうだとは思うのだけれども。

全2幕で、バレエ作品にしては短いけれど
全体的に似たシーンが続く感じで、
ややメリハリが少ない、かなぁ、とか。

1幕のジゼルのはしゃいだ可愛らしい印象と
2幕のウィリーになったジゼルの、
あの悲しげというか、儚げというか、
あぁ、本当にこの世のものではないのだ、という印象を
作り出しているのがすごい。

群舞もスゴくて
フォーメーションでの見せ方とか
角度まで揃った振りとか、さすがです。

あとはジゼルもよかったけれど、
アルブレヒト&ヒラリオンのダンサーの方がすごかった!
ウィリーに踊らされるところとか、
よくあれだけ連続でジャンプできるよ!

そんなこんなで、
確かに目の保養ではあったのだけれど
実はどこかのめり込みきれなかったのも事実。
なんでだろう。もったいないことしたな。

アルブレヒトとジゼルの出会いなんかも
ちょっとコミカルな要素も入れつつ、面白くしてあって
よかったものの
その後、ただそれだけのアルブレヒトにそこまで執着するのも分からなかったし、
1幕ラストのジゼルが狂っていく部分も
迫力はあったものの
なーんか腑に落ちきらなかった、のかなぁ、と思う。

時代が違うから、その時代はそうだったんだ!というと
そうなんだろうけれども。
もっと軽い感じの出会いであり、恋であるように
感じてしまっていたのかもしれない。
なに生意気言ってんだ!って感じですが。大汗。

ちなみに、今回も相方を連れていったのだけれど
途中はなかなか睡魔との戦いだったようです。
バレエはイマイチ馴染めないみたいだったけれども
ちょっとずつ一緒に楽しめるようになったらいいね、ということで
一緒に行ったのですが、道は遠いよう…。

そしてそして次は
夏にやってくる「エトワール・ガラ 2010」のチケットをとりました!
あと半年くらいはこれを楽しみに生きていこうと思います。

| stage | 18:35 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

K-BROADWAY公演 JAZZ the Dance

BDCの公演を観に行ってきました。
前の会社の知り合いというにはちょっと遠い感じの人が
出る、というのを
その人とはもうちょっと近い知り合いである同期に誘われて
行ってきました。
BDCだし。

BDCって、ジャズでは有名なダンススタジオで、
かなりレベルも高いはず、と期待してたんですが、
いかにもBDC!って感じのステージでした。

なんというかなかなか説明しにくいんだけど
ジャズダンスを知らない人にジャズってこんなだよ、と説明するのに
最も適した雰囲気というか。
ちょっと男女が絡みすぎなんですけれども
それもBDCならではってことでひとつ。

あとは、インストラクターはさすがでしたが
その他の人たちのリズムの取り方とかが
いかにもジャザーって感じだったのはご愛嬌。

実は大変僭越ながら
BDCの振りって、あーんまり好みではなかったりもするのだけれど
(個人的に習うならばもうちょっとストリートによったジャズをやりたいという意味で)
あぁいう、ちょっと雰囲気や余韻を持たせたような
身体をくねらせるような動きを
きちんと揃えてくるのはさすがだと思う。
やっぱりスゴイ。

あとは、どうも今回メインで演出とかをやったんじゃないかと思われる女の人の
腹筋がガッツリ割れてて惚れました。

ダンス…やりたいなぁ。
家の近くがいいとか、
チケット制じゃなきゃいやとか、
雰囲気が違う気がするとか、
色々難癖をつけて腰を重くしてる場合じゃない。きっと。

| stage | 00:40 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

CORTEO

シルク・ドゥ・ソレイユが初めて来日した頃、
友達のかわいらしい系の女の子が
「すごいの、衣装とかもふわふわでキラキラで」と
言ってたのを聞いて
興味を失い、
以来、すごいらしいと聞きながらも
ここまでバカにしたまま来てしまったのですが、
これはどうもやっぱり
観ておいた方がいいに違いない、と思って
観にいってきました。

すごかった!
あのアクロバット!
よくここまでやるよなぁ。

テレビでもかなりの部分が流れてる気はするのですが
ホンモノを観にいく価値は十分あるかと。

世界観や雰囲気が
なんとなくバレエ的なものと似ている気がして
どうしても比べてしまったところもあって。

バレエのすごいヤツは
この人たち重力が効いてないんじゃ?という
印象を受けるのだけれど、
コルテオは
重力は確実に効いていて
いかに筋力でそれに逆らうか、という
モノだったと思います。

バレエは、
この人たちは自分たちみたいな人間の延長線上にはいない、と
常々思っているのだけれど
コルテオは
人間は鍛えるとここまでいけるんだなぁ、と
そんな雰囲気でした。

って、分かりにくいね。笑。

コルテオはストーリー性がある、と
よく言われていたのだけれど
あまりそれを感じることができなくて
個人的に
マシュー・ボーンのバレエがごひいきなので
それとうっかり比べてしまった日には
ここまでこうしておいて欲しいとか、
端で待機している人たちも
なんとなくリズムを取っているだけじゃなくて
何かきっちりしていて欲しいとか、
欲張りになります。

が。
もちろんこれはバレエの舞台じゃないんだから
それと比べるのはナンセンス。

アクロバットを観れば
十分すぎるほどすごすぎなのであって、
それにコレだけの世界観を持たせているのは
やっぱりすごいわけだ。

今回は
かなり後ろの方の席だったんだけど
会場自体それほど広いワケではないので
十分舞台が観えました。
オーチャードホールのC席とはワケが違う。
舞台全体を観たいなら、後ろの席のがオススメかと。

あと、
コルテオの会場には
外部から飲食物の持込は禁止ですが、
会場内でジュースやチュリトスなんかを販売していて
それは席まで持ち込みOKでした。

12時半開演で、15時までですが
途中に30分休憩が入ります。
女子トイレが恐ろしく混んでおり、
並ぶだけで15分くらい。

仮設トイレみたいなものだからこれでもすごいんだろうけど
もうちょっとなんとかならないのかね。

今年、NYCBが来日するようですが、
結婚式か、そのあたりと予定がかぶっていて
観に行けなそうなのが残念。
2月に来日してたハンブルグバレエもいけなかったしなー。

久しぶりにいい舞台を観に行きたい気分になりました。
次はZEDだったりするのかしら。

| stage | 23:16 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

モナコ公国モンテカルロ・バレエ Altro Canto機↓

場所はオーチャードホール(@渋谷)だったのに、
なぜか国際フォーラム(@有楽町)だと
かなり直前まで信じきっていた。
有楽町に行く前に気づいてよかった・・・。

さらに、
元々視力はよくて、裸眼でおっけーだったんだけど、
最近視力が落ちて
映画の字幕や会議のプロジェクターを見るために
メガネを買ってある。
当然舞台もメガネを持ってくのがベストなのに、
持つのを忘れたことに、
オーチャードホールのエスカレーターで気がついた。
せっかくなのに、もったいないことを・・・。

思うのだけれど、
抽象的な表現ってのは
どうにも自己満足なものだ。

例えばクラシックバレエみたいに
一番目立つドレスを着てる人が主役のお姫さまで
一番目立って出てきたのが王子さまで、と
お約束に則っているわけじゃなくて。

おれはこれをこう考えてこう表現するんだー!
ってのをひたすらぶつけられて、
観る方も、
ここはきっとこうでこうでこういうことなのねー!
っと、自分に都合よく解釈するような。

お約束がない分、自由ともいうけれども
その分、自己満足の度合いが高いよな、と
思ったのでした。

なんでそんなことを言い出したのかというと
多分、今回はその自己満足を
上手く受け止められなかったからで。

今回は
第1幕がAltro Canto供
第2幕がAltro Cango気世辰燭鵑世韻鼻
兇諒は、起承転結っていうか起承承承承承っていう感じで
なんとなく物語の破片は見えるものの
どうにも、「よさ」みたいなところまで
いきつけなかった。

2幕の気諒が
やっぱり何を言いたいのか、というところまでは
分からなかったものの、
動きや振り付けを楽しめたのだけれど。

やっぱりどうにもなんとなく、イマイチ、なぁ、と思ってしまえて
ちょっと残念。

ダンスも
この振りって腹筋とか背筋とかキツイんだろうなーっとは思って、
やっぱりソロとかメインで踊ってる人たちはすごかったけど、
群舞の乱れは否めず。。。

すごいナマイキを言っているのは承知なんですが、
ジャンプとかターンとか、もうちょっと!ほら!という感じで、
この人たちにはちゃんと重力効いてるわー。笑。

それにしても、来日してるメンバーは
やっぱりサブな人たちなのかしらん?

多分、内容的にもイマイチ、と思ってしまったのは
これも一因かしら、と思わないでもない。

うーん。
すげーーーっていうのに出会いたいモノ。
ハンブルグ・バレエが来日しますが、
予定が合わず観にいけないのが悔やまれます。

ドイツまで観にいくことを目標にでもしようかしら。

| stage | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
Sponsored links
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Mobile
qrcode
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM